生理で精神面、肌荒れとか最悪ですね

生理中はそのわずらわしさからブルーになる人も多いと思いますが、その前から気分が沈みやすいという人もいますよね。
生理開始の2周間前ぐらいから女性ホルモンのバランスによって、イライラしたり落ち込みやすくなったりという症状が、「PMS」です。近頃は携帯アプリのCMなどで「PMS」という言葉も有名になりました。
本当は仕事や勉強のバランスもこの生理を考えて組み立てたいものですが、忙しい現代人はなかなかそうは行きませんね。
また生理前はニキビもできやすくなる人もいるでしょう。これもさらにブルーになりますよね。これも女性ホルモンのせいで、肌に皮脂が出やすい状態だからです。「生理前ニキビ」とも呼ばれています。こちらは口周りやフェイスラインにできやすいので、ほかのニキビと見分けがつきやすいでしょう。
女性には毎月生理が訪れますから、このような精神面、お肌の調子などが安定しないのは本当に困ってしまいます。
なかなか困ったことばかりの生理ですが、女性の体には残念ながら閉経まで付いてまわるものです。
自分に合う生理用品を見つけること、基礎体温を管理したり、ストレスを減らすいい発散方法や好きなハーブ、アロマなど……生理の嫌な気分を軽減するものを見つけたいですね。

転職後に生理不順になった

工場の事務として転職、はじめは会社の商品を知るために…ということで工場で研修という名の実務作業を行っていました。
その頃は新しい環境に慣れるのに精一杯ながらも、体を動かす作業ということもあり、疲労はあるもののストレスはそれほど感じなかったのか、毎月今まで通りの周期で生理が来ていました。
しかし、研修が終わりいざ事務仕事の方へと移ると、環境が違いすぎることに体がびっくりしたのか、その月は生理が来ないまま終わってしまいました。
上司の気分や思いつきに振り回されたり、ストレスの捌け口にされたりしているうちに、生理は二ヶ月に一度来ればいいほう、という周期になってしまいました。
初潮がきてから自分でも驚くほど乱れたことがなかった生理周期が、こんなにも簡単に乱れることにもびっくりしましたし、何より二ヶ月分が一気にきているようで、生理痛が尋常じゃないような気がして、出勤するのもつらいくらいです。
痛み止めを飲めばやり過ごせますが、根本的な解決にならないため、産婦人科に行きたいという気持ちもあります。しかし近隣の産婦人科はすべて「予約でいっぱいなので一ヶ月後…」などと言われますし、仕事でそうそう通院もままならない状況のため、行けずにいます。
早く不順が治らないかな、と思っていますが周りの人と話してもあまりこういった問題で苦労している人はいないみたいです。ネットで調べると生理不順や生理痛を治したという人もいるので真似をしてみるものいいかもと思っています。

ついに更年期に突入するのかとコワイ

40代の半ば近くになった最近、「生理」にまつわる体調不良に変化を感じるようになりました。「更年期障害」らしきものが現れてきている事と重なっています。

40歳辺りまでは、どちらかというと「生理前」にPMSのように、様々な症状がありました。些細な事にイライラと感情的になるとか、逆に些細な事に動揺してしまうとか、神経過敏になり寝つきが悪いなどの症状です。

40代に入り、周期そのものが短くなり26日位で次の生理が来るので体調の良い時というのがごく限られた数日しかない感じです。そして、最近では生理の前は冷え症が酷くなる事以外はさほど精神面に影響が少なくなりました。

その変わり、「生理の後」に今までと違う現象が起きはじめています。量が多いのは2日位で済むのですが、微量の出血がだらだらと続くので、以前は購入しなかった「軽い日用」の生理用品を準備するようになりました。

それから、何故だか「吐き気」と「頭痛」が起きるようになりました。普段、頭痛持ちでは無いのですが、生理後だけは鎮痛剤を飲む位の頭痛があります。無理をせずに横になれる時は体を休めるようにして過ごしています。40代の半ばというのは、本当に心身共に「節目」を感じます。

早く楽になりたいと閉経してしまえばという気持ちもありますが生理はあった方が健康を守れると聞いてそうかなあという気持ちもあります。更年期だろうとPMSだろうとたぶんホルモンバランスを良くすれば改善していくと思うのでイソフラボンをたくさん取るように大豆を食べるようにしています。

豆腐とか豆乳は味が苦手なので黒豆を入れたご飯をよく炊きます。ちょっと塩味をきかせておけばおいしい豆ごはんになりますよ。